• HOME
  • 朝日製作所の詳しい情報

コンセプト

伝統と先進技術の融合、信頼とスピードの一貫生産。

図面をデータ化し機械で削り出すといった先端技術と、熟練した職人の手技による伝統技術を融合。当社独自の製造体制による、スピーディで的確な一貫生産システムが、他社に真似のできないハイクオリティな鋳造製品をつくり出します。

作業工程

1.データ処理

ご依頼を受けた製品の図面は、それに基づき正確に製作できるよう高精度にデータ処理されます。朝日製作所では、最新のコンピュータを導入するとともに、豊富な実績を持った技術スタッフがお客様のニーズを具現化しています。

2.木型(樹脂型)製作

図面に基づき作られた指示データは、職人の手による高度な技や大型マシニングにより木型として削り出されます。

3.砂型製作

当社では、アルミの鋳造に最適の鋳砂を用いて砂型を製作しています。手詰めや機械詰めで入念に砂を込めて砂型を完成します。また、出来上がった砂型は、注湯に備えて、一つひとつ入念に検査されます。

4.注湯

入念に検査された砂型に、溶解、精錬された金属が流し込まれます。要求される品質に応じた最適な温度管理や注湯速度の設定、息の合った職人の連携による流れるような注湯が行われています。

5.素材検査

当社では、製品の精度など、より高い製品のクオリティを実現するために一つの工程ごとに、細かい検査工程が設けられています。鋳造される材料の成分・機械的性質もリアルタイムで分析され、製品に適切な素材かどうかが検証されています。

6.鋳造仕上げ

仕上げ作業では、砂型の組み付けにより製品の端々に残ったバリや押し湯部分など、余分な部分を入念に取り除きます。この工程では、また、職人たちの熟練した技で図面通りの寸法に仕上げられ、製品のチェックも行われます。

7.熱処理

お客様のご要望によっては熱処理を施します。また、熱処理された製品は、染色探傷によりクラックや不良箇所の有無の検出が可能です。尚、本工程については優秀な専門企業様にもご協力いただいております。

8.精密機械加工

社内で鋳造された製品加工はもとより、種々の材料の精密加工も弊社の得意な分野です。630□の高精度横型MC3台(14パレット)を保有、その他、約20台のNC、MCを社内に準備しております。

9.圧漏れ検査

お客様のご依頼がある場合は、要求圧力 に対しての漏れがないことを確認させて いただきます。またその治具の製作も承っ ております。

10.最終検査

完成した製品は、品質管理のスペシャリストである検査員に入念に検査されると共に、3 次元測定機によって最終検査を受けます。当社では、幾度もの厳しい検査項目をクリアした製品のみが、出荷品として認められるのです。

出荷
  • 朝日製作所のもっと詳しい情報はこちら
  • お問い合わせ
  • 社内行事カレンダー